七夕の夜は、福生名物の絶品からあげで舌鼓「鳥福」さん(福生)

七夕のメイン会場を、ちょっと離脱して(七夕祭りの様子は前回の記事を参照してください)
福生の住宅街の景色を楽しみながら福生駅から羽村駅の方へ5分ぐらい進むと、
鳥福さんに到着!初訪問です。

時間はちょうど開店の17時ジャスト。ワクワクしながら暖簾をくぐります。
こんにちは~っと店内へ
落ち着く感じの素敵な店内です。
さっそく生ビールをお願いして、七夕飾りきれいだったねと金魚屋(妻)と二人カンパ~イです。
運ばれてきたお通し。鳥レバーを甘辛く煮詰めた一品。さすが鳥料理専門店!この後の料理が楽しみになります。
座ったカウンターからの眺め。店内の作りが広々していて、のんびり楽しめる雰囲気です。
自家製ぬか漬け。いっぱい汗をかいた体が喜ぶおいしさ。
初代の暖簾が店内に飾られていて、その横には創業昭和40年の文字。
さぁ、楽しみにしていたメインへ。どれにしようか悩みます。
チョイスしたのはやっぱ、半身!手羽とモモを同時に味わえちゃう素敵な逸品(900円)
ポッキっと折ってかぶりつきます。うゎ何これ!って、思わず言っちゃった美味しさ。都内で何店舗か鳥のカラアゲをメインで出しているお店に行ったことありますが、鳥福さん美味しい!やっぱ東京の西側の酒場ってって凄いかも。
生ビールをグワァ~ってやって、鳥肉にガブッ!幸せです~
ほんとは、カラアゲの後に水炊きを楽しむ予定だったのですが予想外にカラアゲのボリュームがあって断念。次回の楽しみにとっておきます。写真は、自家製ウメサワー♪焼酎と炭酸に自家製の大きなウメをダイブ!そこに、これまた自家製のウメシロップ。すっきりさっぱりの美味しさです。
中に入っているウメを1杯で食べちゃうのは、勿体無くてウメサワーを飲み干したグラスに焼酎と水を足してもらって、そこにこの写真の右にある自家製ウメシロップを
入れると、鮮やかなウメの焼酎水割りの完成!美味しすぎて何杯でも飲めそう。
大将!ありがとうございました!楽しかった美味しかった。
素敵なお店に出会えました!外に出るといい感じの夜空。この後、七夕まつり会場に戻って夜の雰囲気を楽しみました。

コメントを残す