都内でオアシスみたいな酒場に出会いました(武蔵野園)

京王井の頭線の永福駅に到着。
そこから北へ進み、大宮八幡宮を過ぎると
和田堀公園に到着です。都内とは思えないすばらしい景色が広がってます。

景色を見ながら公園中央へ進んでいくと目的のお店が見えてきます。
到着!「つり堀・武蔵野園」さん
さぁ、お店に入ろうとしたらこの緑忍者にポップコーン買えと威嚇されました・・・近づいたら自動的にしゃべる仕様なんですね。
さぁ、気持ちを落ち着かせて店内へ。この通路を通って釣り堀側へ向かうと
いらっしゃい!って素敵な笑顔が出迎えてくれます。
この素敵な席に陣取っちゃいます。
まずは、この冷たい地下水で顔を洗ってスッキリしたら
今回のの目的は釣りではなくて、やっぱ飲み!
生ビールで金魚屋(妻)と二人、風がきもちいいね~っと仲良くカンパイ♪
飲み物と一緒に蚊取り線香を持ってきてくれました。嬉しいサービスです。
何をつまみながら楽しもうかと作戦会議。
釣り堀と反対方向も素敵な眺めです♪
ソーセージ(380円)いい香りです♪
釣り堀を眺めながら土曜の午後をのんびり。
せっかくなので・・・
店内へ移動です。
ところ天(350円)を味わいながら・・・
この素敵な内観を楽しんじゃいます。
そこへカツ煮(600円)が登場。そう、カツ丼のヘッド(ご飯抜き)
揚げたてのカツでびっくり。味付けも濃くなく美味しい!ビールとの相性ばつぐんです。
店内から眺める景色も最高!
ホッピーに切り替えて、まだまだのんびりです。
このカウンターも素敵。今度座ってみたい。
すばらしい場所です。ごちそうさま~美味しかったですとお店を後にします。
木々が色付いたころもう一度くるぞと心に決めました。

コメントを残す