「やきとん たつや(沼袋)」今、東京西側のもつ焼きが熱い

沼袋駅 | たつや(沼袋)
今週の月曜日、仕事が終わって急いで向かった先は西武新宿線の沼袋駅。

沼袋駅前バス通り | たつや(沼袋)
駅前のバス通りを3分ほど北上すると左手に本屋と果実店の間に細い路地があります。
佇まい | たつや(沼袋)
その路地に入るとすぐに「やきとん・たつや」さんの赤提灯が目に入ります。
暖簾 | たつや(沼袋)
何を楽しもうかとワクワクしながら暖簾をくぐると
店内の様子 | たつや(沼袋)
素敵な酒場風景画広がっています。
生ビール | たつや(沼袋)
先に到着していたヒロミチさん(横浜からたつやさん目的で沼袋へ)と金魚屋(妻)の横に座り、早速生ビールで乾杯!(ハートランド生中:550円)
ポテサラ | たつや(沼袋)
最初のアテはポテトサラダ(300円)。酒場それぞれでお店の味があり、その個性を楽しみながらビールをあおります。
煮込み豆腐と玉子 | たつや(沼袋)
寒い日に嬉しい煮込み豆腐(200円)と煮玉子(100円)。
しろポン酢 | たつや(沼袋)
新鮮なモツを湯がき沢山のネギの上からポン酢を掛けたしろポン酢(120円)。さっぱりした味わいで歯ごたえも楽しい。
入り口側カウンターからの眺め | たつや(沼袋)
カウンターはコの字やL字型ではなく、どこか龍に似ている変則的な形。座る場所によって違う酒場の景色を楽しむことができ、隣に座った見ず知らず方とも気軽に仲良くなれる不思議な角度があるカウンター。(逆に嫌だなぁと感じたら首の角度を少し変えるだけで視界から消すことができます)
生ビール2杯目 | たつや(沼袋)
そんな景色を楽しみながら2杯目の生ビールへ。
店主の焼き姿 | たつや(沼袋)
そろそろ焼き物を楽しみましょかと店主たっつんにお願いです。
網ハツ | たつや(沼袋)
あみハツ(120円)。豚の網脂でハツを包み焼き上げた逸品。最近、あみレバーを出してくれるお店が増えてきましたがハツは初めて。いい具合に溶けたあまみのある網脂とハツ食感、これ美味い!
焼き台 | たつや(沼袋)
最近、東京西側でやきとんと言ったら味噌ダレと認知されてきた気がします。
味噌ダレの焼き物 | たつや(沼袋)
その味噌ダレで楽しんだのは手羽先。定番のシロやテッポウ等とまた趣が変わり、少し甘めの味噌ダレと手羽先ならではのアブラと淡白な肉が絶妙なマッチング、酒が進み品。
バイスサワー | たつや(沼袋)
味噌ダレで一通り焼き物を楽しんだ後は、バイスサワーでさっぱり。バイスサワーとは梅紫蘇エキス入りの炭酸を焼酎で割った飲み物、ウメならではのサッパリとした味わい。あまり甘くないのも嬉しい。
限定1名のアゴボネ煮込み | たつや(沼袋)
限定1名の豚のアゴボネ煮込み。開店直後にはなく、この日は20時に登場。入店間もない頃に、こそっと予約しちゃいました。
カウンター角 | たつや(沼袋)
そして次にいただいた焼き物は、
トマト肉バラ巻き | たつや(沼袋)
トマト肉バラ巻き(150円)のコショウ多目。豚バラとジュクジュクなトマトは多目のコショウがとても合う。
日本酒が入った冷蔵 | たつや(沼袋)
入り口には色々な日本酒が入った冷蔵庫。冷酒を楽しみたいところですが明日は普通に仕事、誘惑をぐっとこらえて
ホッピーセット(白) | たつや(沼袋)
ホッピーセット(380円)。白黒、両方あります。
名物モツカレー | たつや(沼袋)
そしてそのアテは、名物
ウズラとウィンナーをトッピングしたモツカレー | たつや(沼袋)
もつカレー(350円)。ウズラとたこウィンナーのトッピング。これがまた良いつまみ。タコさんウィンナーの足にカレーをからめて食べるのがおすすめ。
赤提灯 | たつや(沼袋)
2時間ちょっとの滞在。今回も楽しく美味しく素敵な時間でした。たっつん・お店の方々ありがとうございました。

コメントを残す