「いせや総本店・公園店」いつまでも残って欲しい酒場風景(吉祥寺)

いせや公園店
吉祥寺にある「いせや総本店」は、1928年に精肉業者として創業。その後、1階に精肉店、2階にすき焼き屋を開業。1958年から焼き鳥店に営業方式を転換。その後、井の頭公園入り口に今回の公園店を開店。この時期、井の頭公園の新緑を眺めながら12時からお酒を楽しむ事ができる場所です。

吉祥寺駅
JR吉祥寺駅から
井の頭公園方面へ
井の頭公園へ続く通りを
へのへのもへじ
色々なお店を眺めながら散歩していると
佇まい
あっと言う間にお店に到着。
入り口
焼き台からもうもうと上がる煙を眺めながら店内へ
店内へ
2名ですつ告げ、空いている席へ案内して頂きます。
中央テーブル席
最初に座ったのは1階中央のテーブル席。
生ビール
大きな窓から見える井の頭公園の景色を見ながら最初の生ビールを味わいます。
ポテトサラダ
あてはポテトサラダと中華ガツ。
大きな窓
そうそう、この大きな窓
滑車
昔は開けることができ、まるで森の中で飲んでいる様な景色を楽しめたそうです。(そのころの名残で窓の下には車輪が付いています)
雨
のんびり楽しんでいると急に空が暗くなり雨音が・・・ここら辺の席は雨漏りするそうで急いで移動する様に言われ
座敷
座敷へ。1度の訪問で違う景色を楽しむことができ得をした気分。
ホッピー
雨音を聞きながらホッピーで
焼き鳥
焼き鳥や
餃子
餃子を楽しみます。
店内
気が付くと雨は止み空が明るく。この後、ほろ酔い気分で吉祥寺散歩へ。

コメントを残す