カウンターからの眺めが好き:鳥金(東伏見)

表紙
今回のお店は西武新宿線東伏見駅近くの鳥金さん。酒場放浪記に鳥金さんを説明している文章が的確にお店を表しているので引用させて頂きます。「西武新宿線東伏見駅近く線路脇に佇む鳥金は昭和37年に鶏肉屋として創業。平成元年に現在の焼き鳥屋に生まれ変わったが、タレは創業当時から継ぎ足し40年以上も使用。ご年配の常連さんはもちろん、近くの学生さんたちで毎晩賑わう。」酒場放浪記:2008/6/14初回放送-#256東伏見「居酒屋 鳥金」より。

東伏見駅フォームからの眺め
仕事帰りに向かった先は西武新宿線東伏見駅。目的はフォームから見えるこの赤ちょうちん。
南口目の前の鳥居
東伏見駅南口を出てこの鳥居をくぐり
線路沿いの道
線路沿いを歩いて先ほどの赤ちょうちんを目指します。
鳥金・佇まい
やきとりの赤い光に胃を刺激されつつ
鳥金・暖簾
暖簾をくぐり
鳥金・大大将
”大大将元気ですか!今晩は~”と店内へ。
鳥金・生ビール
先に着いていた金魚屋の横に座り、今日もお疲れ様と乾杯。
鳥金・おすすめメニュー
最初はオススメメニューのホワイトボードから二品をチョイス。
鳥金・五目厚揚煮(250円)
五目厚揚煮(250円)
鳥金・レンコンの明太子和え
レンコンの明太子和え。今日の出来事とかのんびり会話しつつビールを飲んで家庭的な味を楽しみます。
鳥金・大将
そろそろ大好きなあのメニューを大将にお願いします。
鳥金・玉子焼き(350円)
カウンター越しに調理風景を楽しみながら待つこと数分。登場したのは玉子焼き(350円)。
鳥金・玉子焼きの断面
割ると中からとろり。二人ちょっと無言で熱々を楽しむ。箸が止まらない美味しさ。
鳥金・菜の花のわさび和え(250円)
春を感じる菜の花のわさび和え(250円)で
鳥金・モルツ生ビール
クールダウン。
鳥金・鳥がらスープ(小:210円)
鳥がらスープ(小:210円)は締めの一品ではなく、立派な酒のツマミ。
鳥金・煮込み(小:210円)
煮込み(小:210円)。この寒い時期には嬉しい二品。
鳥金・グリル
グリルで焼かれる焼きおにぎりの景色もどこか和む。
鳥金・女将
女将に
鳥金・ホッピー
ホッピーセットをお願いして
鳥金・カウンターからの眺め
酒場の風景をのんびり楽しむ。
鳥金・つくね
ツクネとナンコツ。鳥金さんの焼鳥は大将自らさばく鳥から作られる逸品。(鶏皮もオススメ)
鳥金・大大将
2時間ほど素敵酒場時間を楽しみ、大大将に美味しかったですとお礼を言いお店を後にします。
鳥金・赤ちょうちん
今回も素敵で楽しい酒場時間でした!お店の方々ありがとうございました。

コメントを残す