鷺ノ宮に2号店オープン:やきとん・たつや(沼袋)

表紙
先週の2/14(木)に鷺ノ宮で2号店オープンした「やきとん・たつや」。西武新宿線の代表的な焼きとん屋の一つ。今月初めに紹介させて頂いた「ひなた」と同じく秋元屋で修行を積んだ職人が独立出店したお店です。新鮮で美味しく安いもつ焼きを初め独創的なモツ料理を楽しめる素敵酒場。(今回はオープンした2号店ではなく本店の酒場風景写真です)

西武新宿線沼袋駅
昨日(2/16)、金魚屋と自宅から西武新宿線に乗り到着したのは沼袋駅。
沼袋駅北口
日も長くなりまだ明るい17時、この沼袋北口から
バス通
バス通を北に歩いて2分程度で見えてくるこのドトール先の路地を左に入ると
たつや佇まい
この赤ちょうちんが出迎えてくれます。暖簾をくぐり、今晩はと店内へ。口開け(お店がオープン)してから5分程度しかたってませんがすでに先客の方々が美味しそうにお酒を楽しんでいる。
生ビール
こちらも負けじと生ビールをお願いして金魚屋と仲良く乾杯!
入り口側カウンターからの眺め
生ビールを飲みつつ、外に見える夕暮れ時の淡い蒼が映っている路地を見ていると平日の忙しさを忘れ至福な時間。
巨大クレソル
店主から”はい、お通し”と出されたクレイジーソルトに驚く。(通常、たつやではお通しはありません)
キャベツ
のんびり楽しもうかと、生もの系メニューから攻めます。最初は自家製味噌ダレが美味しいキャベツ味噌。
生ハムとチーズ
そして、生ハムとチーズ。
刺身3点盛り
生物部門のとりは、刺身3点盛り。(諸事情によりモザイクを掛けております。ご想像にお任せいたします)新鮮で尚且つ下処理が上手で唸ってしまう美味しさ。(そして安い)
空のジョッキ
凄い勢いで生ビールが空になる。お代わりをお願いして
焼き台
次は焼き物タイム。
銀杏串
スタートは銀杏、
ブリの醤油串
そしてブリの醤油串と軽めから。
賑やかなテーブル
その後、のどぶえ・たんもとと肉系も加わり賑やかなカウンターへ。
辛いカゴ
たつやで辛いカゴをくださいと言うと登場する、全国各地の唐辛子たち。中には”殺す気か”と突っ込みたくなる危険なヤツもいます。
酎ハイのメニュー
そろそろ飲み物を切り替えようかと酎ハイのメニューを見たら自分の常識の斜め上を行っている飲み物を発見。
ガリッ酎
そして登場してやはり見た目に驚いたガリッ酎。寿司屋で出される生姜の焼酎割り。
炭酸を注いで
そこに炭酸を注ぐとガリッ酎が完成。一口飲んで今度は味に驚く。バイスサワーより酸味が上品で甘さも控え目で美味い!
ツマミにもなる酎ハイ
中(焼酎)のお代わりで2度楽しんだ後は、このガリをツマミに
赤星
赤星を楽しむ。なんて素敵なお酒なんだろうガリッ酎。(ちなみにショウガのお代わり可能で50円、体にも良さそう)
もつ煮込み
そして美味しいモツ煮込み。
フランスパン
こちらには、焼かれたフランスパンがとても合う。
店内の様子
気が付くと店内は満席状態。忙しそうなお店の方々を見ながら、こちらはゆるりと酒場時間を楽しむ。
シロとテッポウ串の味噌だれ
そろそろラストスパートとたつや名物で〆に向かう。最初は、名物味噌ダレで焼かれたシロとテッポウ。
手羽先の味噌だれ
同じく味噌ダレで手羽先。他店では出会うことが出来ない美味しさ。
ホッピー
この甘辛くちょっとパンチが効いた味噌ダレにはホッピーが合う。
店内の様子
そして大取りは、やはり名物の
もつカレー
もつカレー
焼き台で
食べようとしたら店主から焼きもできるよとの言葉。間髪いれずチーズもとお願い。
焼きもつカレー
そして焼きとして変身して再登場のもつカレー。そのまま食べても、フランスパンについけても、串物のトッピングとして掛けても全て美味しいたつやの名物料理です。
ちょい焼きで
振り返ると「レバ刺感覚で!レバちょい焼き」の文字を発見。おすすめです。
写真
そうそう、トイレに黒ぶた撮影の写真が飾られているんです。もしたつやに行かれたらトイレに行ってみてください。
むっちゃん
ニューフェイスのむっちゃん。素敵な店員さんです。
ぶた
今回も美味しくて楽しくて素敵な酒場時間を堪能。お店の皆さんありがとうございました。2号店オープンしたばかりで大変な時期だと思いますが、西部新宿沿線酒場のさらなる快進撃を楽しみにしております。

コメントを残す